UR賃貸を契約するには、まずは仮予約を取る

OFF

UR賃貸は、築年数が上がっていっても、家賃は急激には下がりません。

新しいところに気持ちよく住みたいなら、新築や築浅物件を狙うのがコツです。

そうした新築や築浅を狙って、UR賃貸からUR賃貸へ借り換えをする人もいるといいます。

現在建築中の物件などの情報は、サイトからでもチェックできます。

ロケーションや間取り、家賃などをくらべて、興味のある物件をチェックしておきましょう。

よく言われることですが、建物の防災性が強く、特に耐震強度の強さは、阪神大震災でも全壊した建物がないということが言われています。

これは、URが良質な賃貸住宅を供給することを目的にしている組織であることが理由の一つでしょう。

そのため、間取りがゆったりしていて、内装や設備にも贅沢なものを使用しているというのが、UR賃貸の大きな特徴になっています。

部屋の中に柱などが多く、特徴があるという人もいます。

UR賃貸は、これだと思った物件が出たら、まず予約をするところからスタートです。

仮予約で、その後契約に至らなくても、特におとがめはありません。

しかし予約をしなければ、中を見ることができません。

予約して、中を見たらそれから1週間以内に契約をするという流です。

契約をしない場合は、次の物件を探すだけです。

良い部屋があったときにあわてないように、3か月分の敷金や、所得証明書、源泉徴収のような書類の準備をしておきましょう。

印鑑証明書が必要になるケースもあります。

Categories: 契約するには
This post was written by , posted on 10月 12, 2013 土曜日 at 9:48 pm

Comments are currently closed.