UR賃貸で、気に入った部屋を探すには

OFF

UR賃貸は、礼金や不動産屋の手数料が不要で、保証人も要らないので、借りやすいと考える人も多いものです。

また、民間では2年ごとに取られる更新料が不要なので、長期に住む人にはうれしい物件になっています。

UR賃貸を狙う人は、気になっているロケーションの賃貸が空いたら、とりあえず入居しておいて、同じUR賃貸の建物の中で、良い条件の部屋が空くたびに、部屋を引越していくという人もいます。

最上階の角部屋が上がりということですね。

敷金は3か月分必要なので、民間の賃貸が1か月から2か月なのでちょっと割高です。

入居も退去も日割り計算になるので、最終的にはいろいろお得なのかもしれません。

退去時には清掃費用や修繕費は、敷金から引かれます。

敷金はキャンペーンなどを利用すると、1か月分ごとの分割払いも可能になります。

収入に関する基準は厳格なものがあります。

家賃の4倍の収入が必要になってきます。

1年分の家賃を先払いすると、条件が免除されるケースもあるといいます。

契約や申し込みには源泉徴収などを見せる必要があります。

インターネットでUR賃貸ホワイトストーンを利用すれば空き室検索ができますが、コアな情報は営業所に出向くか、電話などで確認するのが確実だそうです。

それだけ空き室は流動的だということでしょうか。

狙っている団地名をあげて、ワンルームありますか?とか3LDKで探しているんですがと、直接電話するのが、一番確実に好みの物件を探せます。